2017年08月04日

災害から1ヶ月

あなみのリンパ日記

九州北部豪雨から明日で1ヶ月

被災当初は、言葉も出ないような状況
車も何も通らない、ヘリコプターの音だけが響き、時が止まったかのような感じでした。

あれから1ヶ月経ち、主要道路は皆様のお陰できれいになり、
片側通行ではありますが、通れるようになりました。

でも、少し脇に入ればまだまだ土砂や流木がたくさんです。

私の所は、家は大丈夫でしたが、田んぼへ水を引く水路が土砂で
埋まり、今年の米の収穫はあきらめていたのですが、
100名以上のボランティアさんが来て、きれいに撤去して
下さいました。
水が田んぼに流れた時は、感動でした。

と同時に、ボランティアの方たちには、頭の下がる思いで
感謝でいっぱいですm(__)m

あの炎天下の中、汗びっしょりになり、見ず知らずの私たちの為に
活動をして下さいました。
本当に有り難かったです。

私も何か出来る事をと思い、ケアセットを持って、
避難所にマッサージに行きました。
一人に長い時間はかけられませんが、色々な話を聞きながら
疲れがとれるように、心を込めてマッサージをしました。

重たいものを持ったり片付けをされたりしているので、
肩や腰、背中の張り等を訴えていました。

でも皆さん、「くよくよしていても何も始まらない。出来る事を
ひとつひとつやっていくだけです。」と、とても前向きです。
確かにそうです。

今回の事で私自身、色々な経験をしました。

ご近所さんと助け合う事、ボランティアさんの有り難さ
自分がどう動くべきか、日頃の備えなど。

まだまだ支援が必要な所がたくさんあります。
私に出来る事を考えながら、行動していきたいと思います。

電話やメールでの励まし、支援物資を贈っていただいたり
様々なかたちで、支援をいただき
有り難うございます

まわりの方の心使いに感謝です






Posted by あなみゆりこ at 11:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。